boroboro blog

登山/キャンプ/自転車/ブロンプトン

ブロンプトンで環島(台湾一周) その1

2018年4月から5月にかけて、ブロンプトンで環島(台湾一周) してきました。

 

ja.wikipedia.org

環島については↑を参照(丸投げ)

台湾をぐるっと一周する、それだけです。

他とちょっと違うのは国が後押ししてる点ですね。

 

f:id:boroboroburo:20190408201951j:plain

こんな風に環島の標識があります。

 

自転車で一周する人が多い印象。

徒歩の方もいるとか(凄い!!)

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E7%92%B0%E5%B3%B6%E3%80%8D-%E3%81%90%E3%82%8B%E3%81%A3%E3%81%A8%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E4%B8%80%E5%91%A8%E3%81%AE%E6%97%85-%E4%B8%80%E9%9D%92-%E5%A6%99/dp/4492046194/ref=tmm_hrd_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=

本もあるので参考になると思います。

 

とはいえ、いざ行こうとするとあまり情報がなくて困った覚えがあります。

2018年はじめごろ。

最近はけっこう情報がある感じですね。

今さらではありますが、今後行く人のためにも情報を残していこうかと思います。

 

 


ブロンプトン ハンモック泊での荷物置き場について

ハンモック泊って、地面に荷物が散乱しがちです。

グランドシートに荷物を雑然と並べがちです。

 

f:id:boroboroburo:20190325190141j:plainこんな感じ。中央にあるように、荷物が散乱しています。

普通のテントと違ってサイトがすべてあけっぴろげなので、カバンから出した荷物がすべて見えてしまいます。

まあ、テントの場合はテントの中がどうなっているかって話もありますが(笑)

 

f:id:boroboroburo:20190325191023j:plain

この荷物問題の解決方法として、ギアスリング(ハンモックの下にある黄緑色の小さいハンモック)に荷物を置いたり、ガイラインにカバンを吊るすという方法があります。

 

f:id:boroboroburo:20190325191312j:plain

バケツ的なケースに放り込むって手もあります。

入れ方が汚い(笑)

 

ブロンプトンの場合、また別の方法が使えます。

バケツの方のアプローチです。

f:id:boroboroburo:20190325192133j:plain

例えば、フォールディングバスケットに荷物を入れて置くだけ。

写真がありませんが、おすすめは純正リアバッグです。

 

f:id:boroboroburo:20190325192322j:plain

冬に巾着田にキャンプ(このときはハンモックではありませんでした)したときのスタイル。

フロントバッグにはキャンプ装備一式を入れて、リアバッグには食料のみを入れています。

 

 あとは、このリアバッグをハンモック近くに置くだけで食材置き場になります。

必要に応じてフロントバッグから必要な荷物、例えばクッカーやバーナーなどをリアバッグに移しましょう。

 

f:id:boroboroburo:20190325200507j:plain

これに入れるだけです。

それだけで荷物が散乱しなくなって、サイトがまとまります。 

 

全部フロントバッグでやってもいいんですが、必要のない荷物を別の場所に移しておかないと、結局バッグの中で散乱してしまうんですよね。

 

ということで、ブロンプトンでのハンモック泊の荷物置き場は、純正リアバッグがおすすめです!

写真をちゃんと撮っておけばよかった。。。

Brompton Campers Meeting 14

開催しました。ブログに書くのが面倒で。。。12,13もサボってます。

様子を書くのは15からちゃんとやろう。

 

これから告知自体はinstagramにします。連動してtwitterにも表示します。

www.instagram.com

 

twitter.com

 

15からはちゃんと書くとして今回は面倒なので、instagramの投稿にリンク。

https://www.instagram.com/p/BqT-72pnKgc/?utm_source=ig_web_copy_link

https://www.instagram.com/p/BqUElPNnpUm/?utm_source=ig_web_copy_link

https://www.instagram.com/p/BqUFpLrnYWY/?utm_source=ig_web_copy_link

https://www.instagram.com/p/BqUn9agnoGy/?utm_source=ig_web_copy_link

 

15は2月に開催予定。今度はハンモックが張れない場所(巾着田)を考えています。

 

 

eno棒とギアスリング

 eno棒(Eno Fuse Tandem Hammock System) ですが、ギアスリングをこんな風に使えます。インスタで見かけたのを早速真似しただけですが。 

 

ギアスリングをハンモックの下に張るのではなく、2つのハンモックの間の真ん中にくるように斜めに張ります。

寝ながら取れる位置にある、ちょうどいい荷物置き場になって便利です。

f:id:boroboroburo:20181127001653j:plain

【中止】2018/9/29 第14回 ブロンプトンでデイキャンプorキャンプしませんか? (Brompton Campers Meeting 14)

【追記】

残念ながら9/29,30のBCM14は台風の影響による大雨のため中止となります。 
うーん残念ー

---

 

ブロンプトンにキャンプ荷物を積んでデイキャンプ or キャンプしませんか? 

 

12回目も13回目もまだブログに書いてないな~

 

今回で14回目です。 

場所はいつもの月尾根自然の森キャンプ場になります。

 

■ 日時 
2018年9月29日 

 

■ 場所 
月尾根自然の森キャンプ場

https://www.google.co.jp/maps/place/月尾根自然の森/@35.5994362,139.0354478,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xd5cca385418e5040!8m2!3d35.5994362!4d139.0354478

山梨県大月市のキャンプ場と、一見遠くみえますが、 
中央線の梁川駅近くにあるためけっこう近いです。

 

■ 料金 
入場料:300円 (宿泊の場合は500円)
テント持ち込み料:500円 
駐車代:500円 (自転車は無料) 

 

■ 内容 
朝10時に中央線四方津駅前に集合。 (キャンプ場に直接集合でもOKです。その場合はその旨を自分まで連絡ください。) 
(輪行時は9:41着の電車になると思います。) 
近くのスーパーで買い出しをした後、月尾根自然の森キャンプ場まで自走します。 
今の所20号線を使う予定です。交通量が多いので気をつけましょう。 
5km以内の短い距離ですが、梁川駅からキャンプ場までの道はけっこうきつい登りです。 
むりせず押していきましょう。 
走れる人は頑張って! 

キャンプ場についたら、テント設営して、昼飯を食べます。 
昼飯をたべたら各自自己紹介をしていきたいと思います。 
すでにテントを設営してる人はその紹介なんかできたら面白いのではないかと思ってます。 
日帰りの人でもこんな風にブロに荷物を積んできました紹介なんてのもいいのでは。 

あとはのんびりと。 
泊まりの人は泊まりで。 
次の日は自由解散です。 

 

■ 参加方法 
ここにコメントしていただくか、もしくは私にメッセージください。 

 

■ 備考 
林間サイト 

ハンモックがもっとハッピーになる ENO Fuse Tandem Hammock System

ハンモックはただ張って寝るだけでハッピーな気持ちになるものだと勝手に思ってます。

そして、これを使うともっとハッピーになれます!体感すると分かるそんな道具です。

 

たった2つの棒を使って、一対の木でハンモックが2つ張れるという、なるほどその手があったのか的な道具です。

去年、アメリカのenoのサイトをみていておおと思い、発売するまで待っていて個人輸入でゲット。

今は日本でも入荷していますね。面白い道具なのでぜひ広まってほしい。

 

夫婦でハンモック泊をするのですが、不満だったのがどうしても離れて寝なければならないこと。

いい感じにV時に張れるところがあればいいのですが、なかなかない。

これを使えば、すぐ側で寝ることができるんです!

f:id:boroboroburo:20180708012707j:plain

 

重さは袋込みで297g

いつもは袋なしで輪ゴムで止めて持っていっています。

f:id:boroboroburo:20180708012702j:plain

 

折りたたみ時は3つ折りです。

収納時の長さは30cm

展開時の長さは78.5cm

f:id:boroboroburo:20180708012656j:plain

 

こんな感じで棒でハンモック同士を離すことで一対の木でも2つのハンモックを張ることができます。

f:id:boroboroburo:20180708014616j:plain

 

相手のハンモックに足をかけるのもあり。

f:id:boroboroburo:20180708014422j:plain

f:id:boroboroburo:20180708014425j:plain

 

寝るとこんな景色。

棒の色がいい色してるんですよね。気分が明るくなります。 

f:id:boroboroburo:20180708014623j:plain

 

料理をするときはお互い一つのハンモックに座ったほうがいいかもしれません。

ただし、伸びが大きいハンモックの場合は少し怖い。耐荷重的には大丈夫なんですが。

この写真はサーマレストのハンモックなんですが、これは安心感あります。

f:id:boroboroburo:20180708012721j:plain

 

ガスバーナーなら、お互いのハンモックの間で料理するのがいいかもしれません。

f:id:boroboroburo:20180708012725j:plain

 

もちろんタープを張ってのオーバーナイトも可能です。

大きさはハミングバードペリカンタープがちょうどよかったです。ヘロンは少し小さく感じました。

f:id:boroboroburo:20180708012715j:plain

f:id:boroboroburo:20180708021621j:plain

f:id:boroboroburo:20180708012713j:plain

 

同じ種類のハンモックにしないとこんな風に棒が斜めになります(笑)

とはいってもつかう分には特に支障はありません。

f:id:boroboroburo:20180708015738j:plain

 

気をつけないといけないのは、夜中にトイレに行くときですね。

そーっと降りてもどうしても片方はゆれてしまう。起こしてしまうかも。というか起こしてました(笑)

 

それ以外は問題なく寝れました。ぐっすりです。

 

このENO Fuse Tandem Hammock Systemなんですが、単純に楽しい。

ハンモックでそばでぐうたらしてるだけでなんて楽しいことか。

夫婦やカップル、もちろん友達どうしでも、面白い道具なのでぜひ使ってほしーなーと思います。

 

 

 

 

【告知】2018/6/2 第13回 ブロンプトンでデイキャンプorキャンプしませんか? (Brompton Campers Meeting 13)

ブロンプトンにキャンプ荷物を積んでデイキャンプ or キャンプしませんか? 

今回で13回目です。 

場所はいつもの月尾根自然の森キャンプ場になります。

 

■ 日時 
2018年6月2日 

 

■ 場所 
月尾根自然の森キャンプ場

https://www.google.co.jp/maps/place/月尾根自然の森/@35.5994362,139.0354478,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xd5cca385418e5040!8m2!3d35.5994362!4d139.0354478

山梨県大月市のキャンプ場と、一見遠くみえますが、 
中央線の梁川駅近くにあるためけっこう近いです。

 

■ 料金 
入場料:300円 (宿泊の場合は500円)
テント持ち込み料:500円 
駐車代:500円 (自転車は無料) 

 

■ 内容 
朝10時に中央線四方津駅前に集合。 (キャンプ場に直接集合でもOKです。その場合はその旨を自分まで連絡ください。) 
(輪行時は9:41着の電車になると思います。) 
近くのスーパーで買い出しをした後、月尾根自然の森キャンプ場まで自走します。 
今の所20号線を使う予定です。交通量が多いので気をつけましょう。 
5km以内の短い距離ですが、梁川駅からキャンプ場までの道はけっこうきつい登りです。 
むりせず押していきましょう。 
走れる人は頑張って! 

キャンプ場についたら、テント設営して、昼飯を食べます。 
昼飯をたべたら各自自己紹介をしていきたいと思います。 
すでにテントを設営してる人はその紹介なんかできたら面白いのではないかと思ってます。 
日帰りの人でもこんな風にブロに荷物を積んできました紹介なんてのもいいのでは。 

あとはのんびりと。 
泊まりの人は泊まりで。 
次の日は自由解散です。 

 

■ 参加方法 
ここにコメントしていただくか、もしくは私にメッセージください。 

 

■ 備考 
林間サイト