boroboro blog

登山/キャンプ/自転車/ブロンプトン

【告知】2018/6/2 第13回 ブロンプトンでデイキャンプorキャンプしませんか? (Brompton Campers Meeting 13)

ブロンプトンにキャンプ荷物を積んでデイキャンプ or キャンプしませんか? 

今回で13回目です。 

場所はいつもの月尾根自然の森キャンプ場になります。

 

■ 日時 
2018年6月2日 

 

■ 場所 
月尾根自然の森キャンプ場

https://www.google.co.jp/maps/place/月尾根自然の森/@35.5994362,139.0354478,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xd5cca385418e5040!8m2!3d35.5994362!4d139.0354478

山梨県大月市のキャンプ場と、一見遠くみえますが、 
中央線の梁川駅近くにあるためけっこう近いです。

 

■ 料金 
入場料:300円 (宿泊の場合は500円)
テント持ち込み料:500円 
駐車代:500円 (自転車は無料) 

 

■ 内容 
朝10時に中央線四方津駅前に集合。 (キャンプ場に直接集合でもOKです。その場合はその旨を自分まで連絡ください。) 
(輪行時は9:41着の電車になると思います。) 
近くのスーパーで買い出しをした後、月尾根自然の森キャンプ場まで自走します。 
今の所20号線を使う予定です。交通量が多いので気をつけましょう。 
5km以内の短い距離ですが、梁川駅からキャンプ場までの道はけっこうきつい登りです。 
むりせず押していきましょう。 
走れる人は頑張って! 

キャンプ場についたら、テント設営して、昼飯を食べます。 
昼飯をたべたら各自自己紹介をしていきたいと思います。 
すでにテントを設営してる人はその紹介なんかできたら面白いのではないかと思ってます。 
日帰りの人でもこんな風にブロに荷物を積んできました紹介なんてのもいいのでは。 

あとはのんびりと。 
泊まりの人は泊まりで。 
次の日は自由解散です。 

 

■ 参加方法 
ここにコメントしていただくか、もしくは私にメッセージください。 

 

■ 備考 
林間サイト 

ブロンプトン軽量キャンプのススメ

ブロンプトンという自転車。

 

折り畳みできる16インチタイヤの小径自転車で、近距離を走ったり、折り畳みということで都市部で電車輪行しながらポタリングするなどといった使い方が一般的かと思います。

 

持ち運びしやすいので、旅行にも持っていきやすいですよね。

夏に旅行に行ったイギリスにも持っていきました。

f:id:boroboroburo:20180305224120j:plain

 

近所の多摩サイを走ったりとか、そんな手軽な使い方だけに向いていると思われがち。

f:id:boroboroburo:20180305222435j:plain

 

しかし、このブロンプトンという自転車は、キャンプ道具を自転車に積んでツーリングするキャンプツーリングにも向いているのです!

 

理由は積載力。

純正のフロントバッグのTバッグは30L。

ママチャリのカゴと違ってハンドルを傾けても、バッグが傾かない構造になっているため、たくさん荷物を入れても走行が安定します。

リアも純正のバッグがあります。下の写真にあるようにザックを後ろ積むこともできます。これは小径ならではですね。

このザックは40Lなので、フロントと合わせると70L。

これだけあれば安心です!

f:id:boroboroburo:20180305224502j:plain

このスタイルで川崎の自宅から神戸までキャンプツーリングしたこともあります。

 

ただ今はキャンプ荷物を軽量化しています。ミニマムキャンプです。

こうすると何がいいかというと、いざキャンプをするときに準備するのが楽、輪行が楽、キャンプ地での設営も撤収も楽、帰ってからの片付けも楽になります。

最近のキャンプ道具は軽量になっていて、軽量なものを揃えると30LのTバッグにキャンプ道具が入っちゃいます。

9月頃のキャンプ道具一式。

f:id:boroboroburo:20180305234001j:plain

 

ブロンプトンのキャリアブロックは10kgという制限があるので、それ以下になるようにします。

f:id:boroboroburo:20180305234959j:plain

 

荷物を軽量化して、キャンプ道具一式をTバッグにおさめてしまいます。

これでパッキングも輪行もめちゃくちゃ楽になります。

 

パッキングは、一つのバックに道具を入れていくだけ、登山と違って荷重バランスをあまり気にしないというのも楽。

 

輪行は、折り畳んで輪行袋に包んだブロと、Tバッグだけ、2つだけを運びます。シンプルで比較的楽です。

 

 

下の写真は夫婦でキャンプしに行ったときの輪行風景。

これからキャンプしにいくようには見えません(笑)

f:id:boroboroburo:20180305235643j:plain

 

こんな感じのパッキングになります。

f:id:boroboroburo:20180306081236j:image

これは最低気温が氷点下を下回る(たしかマイナス7度までいったかな)ので装備多目でフロントにあるバッグがパンパン。

食料を入れたらもしかしたら10kg制限を超えていたかも。

ただ、これでも走行が安定してくれてます。

リアに40Lザックを積んでいたときは、少し気を使って走る必要がありました。

 

 

装備を切り詰めていくと、流行りのグランピングと比べるとキャンプでのサイトはわびしいものになります。

感じ的には登山のテント泊に近い感じになります。ウルトラライト系に近いかな。

最小限の装備で泊まるので不自由もありますが、それを感じるのも醍醐味というか自然に近いのが魅力です。

 

ブロンプトンという自転車でのキャンプツーリングの性質を考えると、森林限界以下の無雪期となるので、テントは軽量なものを選べます。

 

最近の泊まりはハンモックが多いです。

f:id:boroboroburo:20180306002125j:plain

 

非自立式シェルターも試しました。

f:id:boroboroburo:20180306002352j:plain

 

 こんなタープ泊も。

f:id:boroboroburo:20180306002524j:plain

これは極端かな(笑)

 

冬になるとTバッグに荷物を収めるのは少し厳しくなりますが、そうなったらリュックや、リアキャリアに荷物を分散するとかを考えていいかと思います。

 

これは1つのやり方で他にも魅力的なスタイルがあります。荷物満載なスタイルも格好いいです。

ただ、このブロンプトン軽量キャンプは、キャンプ場最寄り駅まで輪行して駅から走ってキャンプ場で泊まるといった遊び方が気楽にできます!

 

デメリットはやっぱり小径だということですね。径の大きい自転車ほど走りません。

 

装備を考えるに当たって参考になるのは、ハイキングでのウルトラライト系の人たち、バイクパッキングをしている人たちですね。

暖かくなってキャンプしやすくなったので、是非ブロンプトン軽量キャンプ始めてみませんか?

 

 

 

 

 

【告知】2018/4/7 第12回 ブロンプトンでデイキャンプorキャンプしませんか? (Brompton Campers Meeting 12)

ブロンプトンにキャンプ荷物を積んでデイキャンプ or キャンプしませんか? 

今回で12回目です。 

場所はいつもの月尾根自然の森キャンプ場になります。

 

f:id:boroboroburo:20180314082509j:image

 

■ 日時 
2018年4月7日 

 

■ 場所 
月尾根自然の森キャンプ場

https://www.google.co.jp/maps/place/月尾根自然の森/@35.5994362,139.0354478,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xd5cca385418e5040!8m2!3d35.5994362!4d139.0354478

山梨県大月市のキャンプ場と、一見遠くみえますが、 
中央線の梁川駅近くにあるためけっこう近いです。

 

■ 料金 
入場料:300円 (宿泊の場合は500円)
テント持ち込み料:500円 
駐車代:500円 (自転車は無料) 

 

■ 内容 
朝10時に中央線四方津駅前に集合。 (キャンプ場に直接集合でもOKです。その場合はその旨を自分まで連絡ください。) 
(輪行時は9:41着の電車になると思います。) 
近くのスーパーで買い出しをした後、月尾根自然の森キャンプ場まで自走します。 
今の所20号線を使う予定です。交通量が多いので気をつけましょう。 
5km以内の短い距離ですが、梁川駅からキャンプ場までの道はけっこうきつい登りです。 
むりせず押していきましょう。 
走れる人は頑張って! 

キャンプ場についたら、テント設営して、昼飯を食べます。 
昼飯をたべたら各自自己紹介をしていきたいと思います。 
すでにテントを設営してる人はその紹介なんかできたら面白いのではないかと思ってます。 
日帰りの人でもこんな風にブロに荷物を積んできました紹介なんてのもいいのでは。 

あとはのんびりと。 
泊まりの人は泊まりで。 
次の日は自由解散です。 

 

■ 参加方法 
ここにコメントしていただくか、もしくは私にメッセージください。 

 

■ 備考 
林間サイト 

今冬に試したハンモック泊防寒対策いろいろ

今冬に試したハンモック泊防寒対策いろいろ

 

①風をシャットアウト

f:id:boroboroburo:20180221195928j:plain

ハミングバードペリカンタープです。

 

f:id:boroboroburo:20180221201052j:image

ツェルトのように、全部閉じることが可能。

 

f:id:boroboroburo:20180221201329j:image

実際、狭いです。完全シャットアウトは難しい。

ペグを打つ回数が多くて大変です。地面が固くて、ペグが入りにくいコンディションの場合は最悪。

ただし風が防げるだけで暖かいので、めんどくささを抜きにすればありです。

ハンモックの場合、どうしてもシュラフのダウン量がよりあるものにする必要が有るのですが、風を防げれば通常のテント泊と同じシュラフでいけるはず。

 

②ミノムシシュラフ

f:id:boroboroburo:20180221205034j:plain

ハイカーズデポのチューブキルト。ダウン量は300g。

これ超お気に入り。

 

f:id:boroboroburo:20180221210107j:plain

ジッパーをあけてハンモックに包むことができます。ミノムシスタイル。

ダウンの入れ方を体の横と正面/背面で変えて、重さでダウンが偏らないようなっています。

 

f:id:boroboroburo:20180221210050j:plain

足型と頭側はロフトが大きくなっており、冷気の侵入を防ぎます。

 

f:id:boroboroburo:20180221210038j:plain

足側はロフトを少し出して、しぼれば冷気が入りにくい。

 

 

 

 

③ミノムシスタイルにハンモックウォーマー追加

f:id:boroboroburo:20180221202102j:plain

ミノムシシュラフは、チューブキルトを使用。ダウン量は300g。

冬用のダウン量ではないので真冬はさすがにきつくなってきます。

自分の体感ですと、5度くらいから寒さを感じてくるので、背面にサーマレストのハンモックウォーマーを追加して、その上をミノムシシュラフで包み込みます。

自分だとマイナス2,3度まではいけるかな?

より寒い場合はダウンのアンダーキルトを追加、トップキルトを追加がいいと思います。

トップキルトがない場合はダウンジャケットダウンパンツを体の上にかけるといいです。ダウンは潰れちゃうと保温力がなくなります。ダウンジャケットなどを着たままハンモックに寝た場合背中側のダウンが潰れて保温力を発揮できません。なので、ダウンは体の上にかけてミノムシシュラフの隙間をなくしましょう。

 

④ミノムシ以外の寝方、エアマット

コンパクトに収まるので、ハンモックにシュラフを包むミノムシスタイルを愛用しているのですが、それ以外も試したり。これで一泊はしてませんが。

 

f:id:boroboroburo:20180221203011j:plain

f:id:boroboroburo:20180221202959j:plain

単純にエアマット。

幅広いタイプならいけますね。

これは他でテント泊などしており、装備をすでに持っている人なら対応しやすいかと。

 

⑤ミノムシ以外の寝方、クローズドセルT字

某店で教えてもらった方法。

f:id:boroboroburo:20180221203037j:plain

f:id:boroboroburo:20180221203025j:plain

ロールタイプのクローズドセルを80、100で切りました。

80cmの方はTの横棒、100cmの方はTの縦棒にします。

上を横にすることで、肩がマットからずれるのを防いでくれます。

ただこの長さで切ると下の縦棒の長さが少し足りなく感じました。足が出ちゃう。

 

⑥ 服側の対策

f:id:boroboroburo:20180221204800j:plain

アクシーズクインのアグラスカート、クイックダウンレッグウォーマー、そしてハイカーズデポのダウンソックス。この組み合わせ最高。

足の冷えに悩まされること多く困ってましたが、よほど寒くならない限りはこれで乗り切れます。

 

⑦ハンモック界最終兵器、ダウンハンモック!

最強。ハンモックにダウンが付いている最強に暖かいハンモック。

今年は雪中ハンモック泊をしたいと思っていて、そのための最終兵器。実際にこれで最低気温マイナス15度の雪中ハンモック泊もしてきました。

f:id:boroboroburo:20180221211746j:plain

 これは後でまとめます。

 

 

【開催報告】2018/02/03〜04 第11回 ブロンプトンでデイキャンプorキャンプしませんか? (Brompton Campers Meeting 11)

第11回目のBrompton Campers Meeting

 

最近よく利用させてもらっている月尾根自然の森キャンプ場は、11月から3月末までやっていないため、今回は別の場所での開催となりました。

 

たまにはちょっと遠出&少し寒いところにいこうということでここにしました。

kouan-motosuko.com

 

1000円札の裏の富士山が見えるところで有名です。

最近では、ゆるキャンというアニメでも有名ですね。

アニメ ゆるキャン△第一話で登場したモデル地/富士の国やまなし観光ネット 山梨県公式観光情報

 

ブロでいくならこんなコースを考えてました。

24km。大した距離じゃないですが、いつものゆるゆるに比べたらけっこうきつい感じです(笑)

 

ブロで行く気満々だったんですが、行く週に雪が降ってしまい、凍結もひどいであろうということで日和ってしまい、ザックにキャンプ道具をいれて、車で運んでもらいました(笑)

ブロを持っていってすらいないです(笑)

f:id:boroboroburo:20180214214736j:plain f:id:boroboroburo:20180214214743j:plain

寒さ対策の秘密兵器があるためと、BCMが終わったあとバス、電車、徒歩で移動しながら別の場所で2泊しようということで荷物がかさばっています。

入り切らない荷物があったため全部持っていけてないです。。。もしもハンモックで泊まれないときのためのエアマットなどはもっていくのやめました。

流石に25Lザックじゃきついですねー。メッシュポケットをフル活用。

 

車からはきれいな富士山が見えます。わくわく。

f:id:boroboroburo:20180214221512j:plain

 

浩庵キャンプ場までの下道は案外凍っていなくて、これならブロでいけたなーと後悔。

 

着きました。

f:id:boroboroburo:20180214221841j:plain

 

この民宿内で受付です。

ゆるきゃんグッズも売ってました。

f:id:boroboroburo:20180214222021j:plain

 

実は下見と称して年末年始で2回ほど行っています。

けどこんな雪ははじめて!

f:id:boroboroburo:20180214222519j:plain

 

スコップもってこなかったけどちょうどいい感じに駐車スペースが掘られてました。

銀座さんのくろびー。

f:id:boroboroburo:20180215001923j:plain

 

自分の秘密兵器は、じゃーん!アクシーズクインのダウンハンモックなのでした。

雪上ハンモックをしたいのと、今回は妻は来なかったけどこういうときに暖かくすごしてもらいたいなーということで買ってしまいました。

f:id:boroboroburo:20180215002138j:plain

 

銀座さんはいつもの、ヘネシーウルトラライト。慣れたものです。

f:id:boroboroburo:20180215002448j:plain

 

晴れてるし、タープいらないかなーと思ってたのですが、木の上にある雪がけっこう落ちてきます。雪上ハンモックはタープ必要ですね。

 

そうこうしているうちに、みじいさん、さかもとさんが来て。

ちゃんとブロを持ってきてくれました。

持ってきてではありますが(笑)これで一応 Brompton Campers Meetingが成立です。

銀座さんも自分もブロ持ってきてなかったので。。。

f:id:boroboroburo:20180215002725j:plain毎度思うのですが、薪ストーブとハンモックの組み合わせはなかなか斬新。

 

これが実はけっこうハンモックとは相性がよくて、暖かいし、料理するときの高さもちょうどいいし、焚き火をすると煙がでるのも薪ストーブなら出るのはハンモックの上側だしと、

これを自転車で、持ってこれるのかというのはおいていい感じです。

 

ちゃんとさかもとさんもブロ持ってきてくれました。

f:id:boroboroburo:20180215003127j:plain

 

ミニとニュービートル

f:id:boroboroburo:20180215012021j:plain

 

 

晴れていれば雪化粧の富士山が綺麗に見えます。

f:id:boroboroburo:20180215003230j:plain

 

薪ストーブの周りで温まっていたら、山梨のテレビ局の人がきて、ゆるキャンの影響でキャンプしてる人を取材してるのこと。

うちらも撮られましたが、使われたかな?共通点ないのでカットされたかな(笑)

f:id:boroboroburo:20180215003411j:plain

 

砂浜に張ってた人たちはゆるキャン組かな?

f:id:boroboroburo:20180215005341j:plain

 

 

暗くなってきたので飯ります。

f:id:boroboroburo:20180215003632j:plain

f:id:boroboroburo:20180215003643j:plain

f:id:boroboroburo:20180215003659j:plain

 

夜も老けてきました。

f:id:boroboroburo:20180215003854j:plain

f:id:boroboroburo:20180215004248j:plain

 

さかもとさんはスクエアタープのサイドを落として風を防ぐスタイル。

これけっこう効果あるんですよね。防寒には風を防ぐの重要。

f:id:boroboroburo:20180215004037j:plain

 

寝ます。ぬくぬく。

f:id:boroboroburo:20180215004333j:plain

 

あんまり気温下がらず。マイナス5℃くらいまで。

みんな落ち込んでました(笑)もっとさむいのを期待していたのに。

ちゃんと防寒していたのでみんな余裕。

f:id:boroboroburo:20180215004626j:plain

 

朝です。残念ながら曇ってる。

f:id:boroboroburo:20180215004801j:plain

 

このくらいの雪の量だと、人が歩いて雪がなくなっちゃうんですね。

朝になると凍ってちょっと危険。

f:id:boroboroburo:20180215004813j:plain

f:id:boroboroburo:20180215004825j:plain

 

みじいさんが持ってきてたカメラ用の三脚。ブロのカバン置き場にぴったりです^^ 

f:id:boroboroburo:20180215005550j:plain

 

朝起きたら靴が凍ってました。小さくなってしまい、靴をはくのに苦労。

f:id:boroboroburo:20180215011505j:plain

 

足元はこの組み合わせはいいですね。

アグラスカート、クイックダウンレッグウォーマー、ダウンソックス。

f:id:boroboroburo:20180215011629j:plain

 

簡単に朝飯をたべて撤収を開始します。

f:id:boroboroburo:20180215005047j:plain

f:id:boroboroburo:20180215005214j:plain

f:id:boroboroburo:20180215005219j:plain

 

しまいです。

このあと、自分は陣馬形山登山して、マイナス15度になるなかハンモック泊してきました。これはまたあとで書きます。

 

ということで、BCM11は終了。

あまり寒くならずちょっと残念(笑)

 

次回は4月を予定。

場所はいつもの月尾根にするつもりです。

【開催報告】 2017/11/18〜19 第10回 ブロンプトンでデイキャンプorキャンプしませんか? (Brompton Campers Meeting 10)

月尾根の森自然キャンプ場での開催は3回目になりました。

Bromopon Campers Meeting 10 です。

 

季節は11月になり、肌寒くなてきたところ、ちょうど雨予報でした。

そして、風邪がはやり参加者は少なめ、6名でした。(泊まり5名、日帰り1名)

 

実際のところほぼ雨もふらず、気温もそれほど低くなく快適だったんですよね。

 

雨の可能性があったため現地集合にしました。

ヘタレて最寄り駅まで輪行(笑)

 

f:id:boroboroburo:20180109205628j:plain

f:id:boroboroburo:20180109205641j:plain

銀座さんはもはやブロでもなくトレンクルとHMGの超軽量ザック。

Brompton Campesr Meetingなんて名前にしていますが、ブロンプトンじゃなきゃ絶対ダメーなんてことはない集まりです。

 

坂本さんは日帰りでしたが、薪を持ってきてくれました!

そして恒例?の日曜大工シリーズ

f:id:boroboroburo:20180110004309j:plain

f:id:boroboroburo:20180110004317j:plain

自作ローテーブル

 

f:id:boroboroburo:20180110004331j:plain

バスケットバッグの拡張バッグ

 

f:id:boroboroburo:20180110004323j:plainそして、なんと自作リアキャリア!

CADで図面を書いて、3D出力サービスに頼んだそうな。そしてできた部材を組み合わせて作ったよう。

 

今回のみなさんのサイトです。銀座さん、M★PAPAさん、山本さん、ふじさわさん、そして自分。

 

f:id:boroboroburo:20180110004650j:plain

銀座さんは今回はsea to summitのハンモック

 

f:id:boroboroburo:20180110005056j:plainM★PAPAさんはハンモックはeno sub7、タープはハミングバードのヘロンタープ

 

f:id:boroboroburo:20180110005417j:plain山本さんは、ヘネシーのエクスペディションZIP

 

f:id:boroboroburo:20180110005844j:plain

ふじさわさんはネイチャーハイクのハンモック。

 

f:id:boroboroburo:20180110010223j:plain我が家はいつものsub7とCTタープ。

 

あとはだべって飯って寝てってそんだけの集まりです(笑)

 

f:id:boroboroburo:20180110010708j:plain

f:id:boroboroburo:20180110010703j:plain

f:id:boroboroburo:20180110010842j:plain

 飯で衝撃だったのがやっぱりこれでしょう!

お好み焼き!

キャンプでお好みきって初めて見ました。

ただ、さきにお好み焼きの素を作ってきさえすれば焼くだけなので、実はキャンプ向きなんですよねえ。なるほどー。

 

そしてやっぱり焚き火ですよね。

 

f:id:boroboroburo:20180110011141j:plain

銀座さんがエンバーリットよく燃えるんだよーとしきりにいいます(笑)

確かに。

 

f:id:boroboroburo:20180110211548j:plain

自分はソラチタニアムギアのネイチャーストーブ。焚き火を楽しむならこういうタイプかな。でも料理をするならエンバーリットのが方が自分的には使いやすいので最近はエンバーリットのほうが多いかも。

 

f:id:boroboroburo:20180110211810j:plain

結局雨も降らず、最低気温も3℃くらいでした。

まだ耐えられる。

 

f:id:boroboroburo:20180110212425j:plain

チューブキルトという、ハンモックに包むことのできるシュラフ一枚でなんとか寝れました。

f:id:boroboroburo:20180110212219j:plain

この日は人数も少なかったこともあり、いい感じにハンモックサークルを作れました。

 

朝は皆さんの装備チェックなど。

 

f:id:boroboroburo:20180110212623j:plain

銀座さんのトップキルト兼着れるシュラフ

1つで2つ兼ねるのは荷物軽量化においては大事。

 

 

f:id:boroboroburo:20180110212914j:plainフジサワさんの、自作輪行用カート。みんな器用にこういうの作ってきますよねえ。いいなあ。

 

f:id:boroboroburo:20180110214031j:plain

M★PAPAさんのマットを背面にあるスリーブに入れられるフリーライトのシュラフ

暖かさ的には断然余裕だと思うのですが、マットの幅があまり広くはないので、ハンモックとはちょっと相性が悪いかなあ。

 

f:id:boroboroburo:20180110213300j:plainあ、そうだ。今回いい感じの木があって机として使わせてもらいました。こういう現地にあるものを使うのって大事。

 

f:id:boroboroburo:20180110214410j:plain

f:id:boroboroburo:20180110214448j:plain

f:id:boroboroburo:20180110214455j:plain

ちょっと時間があったので沢の方まで降りてみました。

夏なら気持ちいいんだろうなあ。この時期は寒いです(笑)

降りる道がけっこう急なので、慣れてない人だと大変かも。

 

f:id:boroboroburo:20180110213627j:plain他にもハンモック泊の方がいましたのでちょっとお話。

スクリーンタープで熱反射して暖かくなるそうな。

そして焚き火台はピコグリル398かな。

 

f:id:boroboroburo:20180110214941j:plain

f:id:boroboroburo:20180110214956j:plain

 

f:id:boroboroburo:20180110214801j:plain

そんなこんなで、今回のBrompton Campers Meeting 10は終了です。

残念ながら、12月から3月末まで月尾根自然の森キャンプ場は閉まってしまいます。

 

第11回の場所探しのため、3箇所ぐらいキャンプ場をめぐることに。。。楽しいからいいんですけどねー。

 

 

【告知】2018/2/3 第11回 ブロンプトンでデイキャンプorキャンプしませんか? (Brompton Campers Meeting 11)

いつものように前回の開催報告ができていませんが(笑)

ブロンプトンにキャンプ荷物を積んでデイキャンプ or キャンプしませんか? 

 

11回目のBrompton Campers Meetingは、場所を変えます。

いつもの月尾根自然の森キャンプ場は12月から3月末まで閉まっているため、今回は遠くなってしまいますが、本栖湖近くの浩庵キャンプ場というところにします。 

f:id:boroboroburo:20180108153237j:plain

1000円札の裏の富士山が見えるキャンプ場として有名です。

 

今回は内容的にちょっときつめなので参加者はいないかも。。。

ひとりでもやります(笑)

 

今回はかなり過酷な環境です。

最低気温がマイナス10度以下になる可能性があります。

正直ハンモック泊はおすすめできません。(自分はハンモック泊するつもりですが(笑))

念には念を重ねた万全の装備でお願いします。

 

天候が荒れたり、路面凍結がひどい場合は中止にするつもりです。

 

■ 日時 
2018年2月3日 

 

■ 場所 
浩庵キャンプ場

https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%B5%A9%E5%BA%B5%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E5%A0%B4/@35.4742151,138.564876,13.62z/data=!4m5!3m4!1s0x601be615f5b7e6b9:0x777d79ff931f3ee3!8m2!3d35.473183!4d138.574764

kouan-motosuko.com

  

■ 料金 
入場料:600円
テント持ち込み料:1000円 
駐車代:1000円 (自転車は無料) 

 

■ 内容 
朝10時40分頃に河口湖駅に集合。

(キャンプ場に直接集合でもOKです。その場合はその旨を自分まで連絡ください。) 
(輪行時は10:28着のホリデー快速富士山1号がいいと思います。) 

キャンプ場まで約24km自走します。

https://yahoo.jp/8O8sTF

路面凍結の可能性が低いであろう大通りを使います。

行きは上り基調です。

道中、マックスバリューと鳴沢の道の駅によります。必要に応じてコンビニ休憩もします。

今回は道の駅でお昼にしたいと思います。

 

ちょっと走るのきついなーって方はバスを利用するのもありかもしれません。

http://www.yamanashibus.com/pdf/omnibus/timetable_all.pdf

 

キャンプ場についたら、テント設営してだらだらと。

今回は場所的に日帰りは厳しいかもしれません。
泊まりの人は泊まりで。 


次の日は10時チェックアウトになります。

 

■ 参加方法 
ここにコメントしていただくか、もしくは私にメッセージください。 

■ 備考
林間サイト